気になる抜け毛対策には頭皮ケアが鍵と言えるでしょう。ケアを怠ると抜け毛はひどくなります。

種類

特定の育毛剤の中に含まれ、髪の毛の成長を促進させる働きを担うグロースファクター。
実はその成分にはかなり多くの種類が存在しており、
その種類の違いによって多角的な頭髪への働きが行われることが知られています。

グロースファクターの中で最初に見つかったのが、EGFという種類のものです。
この名称の成分の特徴は、
人間の上皮細胞の生成を活性化させて肌の環境を良くするという点が挙げられます。
この特性から頭皮そのものの環境を整えることができ、
頭髪が健康に育つ土台を作り出せる成分であると理解できるでしょう。

そして、その次に髪の毛そのものの成長を促進させる働きをしてくれるのが、
IGF-1という種類の成分です。
IGF-1は健康な髪を持つ人の毛根に存在している成分でもあり、
この成分を育毛剤などで頭皮に与えれば髪の毛が伸びる速度が速くなって、
発毛周期を正常にしてくれることが知られています。

代表的な種類の成分をご紹介しましたが、
グロースファクターを細分化するとその種類は100以上もの数になり、
それぞれが少しずつ違った働きをしてくれます。
そして、一つの成分が単体で頭皮に与えられるよりも、
複数の成分が一度に頭皮に与えられる方が育毛効果は高いとされていることから、
ほとんどの育毛剤には数種類のグロースファクターが配合されているのです。

それゆえに、育毛剤を選ぶ時の判断基準としては
どれだけ複数の成分が含まれているのかかが一つのポイントになりますので、
その点に注意して決めるようにすればよいでしょう。